良く仮想通貨の記事などを見てると「スプレッド」って見たことありませんか?

 

投資している方やFXをやられている方なら理解していると思うのですが

 

初心者の方だと全く想像できないと思います。

 

ですので仮想通貨のスプレッドについて簡単にわかりやすく最初に説明していきます。

 

仮想通貨:スプレッドとは?

仮想通貨の売買取引をする上で重要な項目の1つがスプレッドになります。

 

このスプレッドとは売買取引時の購入価格と売買価格の差額をいいます。

 

2018年1月現在1BTC(ビットコイン)の価格が約170万円

これを例にスプレッドを説明すると

 

1BTC購入時170万円

売却時は160万円

スプレッド10万円になります。

 

このスプレッドは取引所によっても異なりますし、仮想通貨の銘柄によっても異なります。

 

このスプレッドが固定されている仮想通貨の取引所もあれば変動する取引所もあります。

 

スプレッドが仮想通貨の売買取引をする上で重要と言われているのは

 

スプレッドが小さければ小さい程、利益を出しやすいからなんです。

 

 

A、1BTC170万円で購入した際の売却価格が169万円の取引所と

B、1BTC170万円で購入した際の売却価格が160万円の取引所ならどちらを選びますか?

 

 

購入したビットコインが次の日1BTC200万円になったと仮定すると

 

Aの場合は170万円が200万円。30万円アップ

売却価格が169万円から199万円。30万円アップ

購入した際の価格が170万円、今売れば199万円。利益が29万円になります。

 

Bの場合は売却価格が160万円から30万円アップさせて190万円になります。

購入時170万円が今売れば190万円。利益が20万円になります。

 

AとBの利益の差が9万円。

 

同じ労力を使って取引しているのに取引所が違えばこれだけ利益に差が出てしまうのです。

 

だからこそスプレッドは重要な項目の1つと言えるのです。

 

スプレッドについてはすこしは理解していただけたと思います。

 

次はビットフライヤーのスプレッドを以下でご紹介します。

 

ビットフライヤーのスプレッド【最新版】

それではビットフライヤーのスプレッドを仮想通貨の銘柄別に見ていきましょう。

 

2018年1月13日現在の価格になります。

 

▼ビットコインの売買価格

▼イーサリアムの売買価格

▼イーサリアムクラシックの売買価格

▼ライトコインの売買価格

▼ビットコインキャッシュの売買価格

▼モナコインの売買価格

銘柄 購入価格 売却価格
ビットコイン 1735753円 1694596円
イーサリアム 167177円 156935円
イーサリアムクラシック 4668円 4413円
ライトコイン 31793円 29293円
ビットコインキャッシュ 344183円 310924円
モナコイン 1042円 920円

※こちらは販売所での価格になります。

 

ビットコインのスプレッドが41157円

 

イーサリアムのスプレッドが10242円

 

イーサリアムクラシックのスプレッドが255円

 

ライトコインのスプレッドが2500円

 

ビットコインキャッシュのスプレッドは33259円

 

モナコインのスプレッドは122円

 

簡単にいうと購入した瞬間にこれだけのマイナスになってしまうということになります。

 

だからこそスプレッドが小さいと利益が出やすく、儲かりやすいと言えます。

 

手数料だけでなくスプレッドもしっかり見て取引所を選ぶべきだと言えます。

 

ですが今回参考にしたスプレッドは販売所での価格になりますので、取引所でのスプレッドを参考にするといいと思います。

 

まとめ

スプレッドは大事な指標の1つになります。

 

そのためしっかりスプレッドを理解していないで頻繁に取引してしまうとスプレッド分だけで簡単にマイナスになっていしますのでご注意ください。